キャリア

IESE Meets the Valley (シリコンバレートレック)

Class of 2020のS.Iです。

IESEではヨーロッパはもちろん、アメリカ、アジアへもキャリアトレックが数多く企画されます。私も4月のイースター休暇で”IESE Meets the Valley(IMTV)”という名のシリコンバレートレックに参加してきたので、本ブログで紹介したいと思います。

1. IESE Meets the Valley(IMTV)とは?

IESEでは”IESE Meets Valley(IMVT)”という名前でシリコンバレーへのキャリアトレックが毎年企画されています。その名の通り、シリコンバレーのテック企業やスタートアップ、ベンチャーキャピタルなどを訪問するため、テクノロジー&スタートアップの最前線に触れる貴重な機会になります。訪問する企業は毎年異なりますが、IESEの卒業生ネットワークや教授&学生の個人的なつながりを中心に10-15社ほどの企業を訪問します。MBAを採用する企業にも多く訪問するため、このトレックをきっかけにサマーインターンやフルタイムオファーにつながることもあります。今回のトレックでも、私のセクションメイトが訪問した企業のサンフランシスコオフィスでサマーインターンを獲得していました。 

2. IESE Meets the Valley 2019

今年のIMTVには1年生を中心に約20名のIESE MBA生が参加し、大手テック企業(Google、Salesforce等)、スタートアップ(Airbnb、Uber、Square、Asana、Zendesk、Sonder等)、デザインコンサティング(IDEO、Propelland等)、ベンチャーキャピタル(General CatalystやGarage Tech Ventures等)に訪問してきました。大小さまざまな規模の会社に訪問し、シリコンバレーのテック&スタートアップの雰囲気を存分に味わうことができました。会社によってはオフィスの執務スペースにもお邪魔し、話を聞くだけではなくどんな環境で仕事をしているかを見ることができたため、よりリアルな情報を得ることができました。

3. 個人的な感想

私はこれまでアメリカ西海岸に行ったことがなく、何といっても直接シリコンバレーの雰囲気に触れることができたのが大きな収穫でした。ベテランのベンチャーキャピタリストの方が、“他の大都市でもスタートアップはたくさんあるし伸びてきている。でもほかの都市と違い、シリコンバレーはどこに行っても、テクノロジーで世界を変える話しか聞こえてこない。”と言っていたのですが、テックやスタートアップのオフィス以外なんにもないシリコンバレーの一帯を見て、そりゃそうだろうなぁと思いました(笑)。ニューヨークなどもスタートアップのエコシステムが拡大してきているとは言われていますが、トラディショナルな産業の中心地でもあり、エンタメなどの誘惑も多く、シリコンバレーと比較してスタートアップに集中するのは大変だなぁと感じました。

また今回トレックに参加した動機として、シリコンバレーのインナーサークルに入り込むにはどうしたらいいのかのヒントを得たいと思っていました。シリコンバレーは巨大に見えて、実は小さなエコシステムで回っていると言われます。最近だとペイパルマフィアなどが有名ですが、現地のベンチャーキャピタリストや起業家間で人を紹介しあい、表に出ないうちに投資が決まったりしていることが多いそうです。逆にそのコミュニティの中に入れないと、投資を受けたり、いいスタートアップに投資するチャンスが得られないとも言われます。この点について特にベンチャーキャピタリストの方々に質問をしたのですが、やはりインナーサークルなようなものはあり、不可能ではないものの入り込むのはかなり難しく努力が必要、とのことでした。”シリコンバレーは表面的には訪問者には優しいしみんな話は聞いてくれる。でも本当に中に入りこめるかは別の話”、”本当に入り込みたいなら覚悟とシリコンバレーへのコミットメントが重要”など、現地の人からの話を聞くことができ、とても参考になりました。

そのほかにも、Facebookの創業者の一人が設立したAsanaというスタートアップではIESEの卒業生がボードメンバーになっていて、Asanaの拡大に伴って抱えてきたイシューを共有してもらえたり、キャリア構築のアドバイスなどももらうことができました。スタートアップが抱えるリアルな問題を理解したり、自身のキャリアを見つめなおしたりするとてもいいきっかけになりました。

asanaのオフィスにて
asanaのオフィスにて

たまたまAmazon Go (Amazonの無人小売店舗)に通りがかって最新の買い物体験を出来たこともすごく良かったです。

百聞は一見に如かず!(笑)

4. さいごに

今回はシリコンバレーへのトレックをご紹介しましたが、IESEではロンドントレック(テック、投資銀行、PE、コンサル、コンシューマー等)、スイスへのヘルスケアトレック、ミラノへのラグジュアリートレック、シンガポールへのトレックなど、他にもたくさんの機会があり、複数に参加することが可能です。こうした多様性あふれるトレックも、世界中に卒業生ネットワークや拠点を持つIESEのひとつの特徴かと思います。

ぜひIESEが誇るグローバルな機会やネットワークを活用して、一緒に世界をエンジョイしましょう!

関連記事

Coffee Chat

最近の記事
おすすめ記事
  1. Barcelona 実際来てどうだったか?

  2. IESEとコーネルの比較:交換留学体験記(Cornell Johnson School)

  3. IESE 海外MBAで得た17のスキルと価値観

  1. 私がMBA の多国籍チームで1年間過ごした振り返り

  2. MBAにおけるcontribution

  3. 女性MBA留学座談会

TOP