MBAプログラム概要

メリハリの効いたプログラム:
密度の濃い1年目、自由度のある2年目

一言にMBAと言っても、学校毎カリキュラムには様々な特色があり、その違いを理解するのは詳しくプログラムを調査が必要です。ここでは、IESE MBAプログラムの内容について、概要を少しでも理解していただけるように、1年目・2年目の内容を説明しています。プログラム期間はフルタイムで19か月(9月-5月)もしくは15ヶ月(9月-12月)となり、卒業はいずれの場合でも5月です。
*15, 19ヵ月以外については個別にご相談をお願い致します。

1年目

IESE1年目を一言で表すと「ビジネスリーダーとしての基礎固め」の期間です。

9月-12月、1月-3月、4月-6月の計3学期、全てがケースメソッドによる必修科目で構成され、様々なバックグラウンドから集まったクラスメイトと共に、リーダーとして必要な知識を習得していきます。全てが必修科目であるからこそ、バイアスをかけることなく、知識を習得することができ、ビジネスリーダーとして基礎を固めることができます。

2年目

2年生は「専門性を深堀」の期間であり、より専門領域を深める授業となります。

1年生とは対照的に、2年生は全てが選択科目で、1年目で学び経験した内容と今後のキャリアを考慮し、個人個人で、受講する科目が選んでいきます。また1年生では比重の大きかった、チームワークも2年生になると、固定チームの概念が無くなり、授業毎に教授の意向によって、受講者間でランダムで組まれるもののみとなります。

1日のスケジュール

IESE MBAは各学年プログラムの特徴からもわかる通り、1年目と2年目で1日のスケジュールが大きく異なります。

1年目は、必修科目+チームワークから成り、授業やチームディスカッションに向け毎日予習が必要となるため、よく“インテンシブ”と言われます。一方で、この“インテンシブ”とは、決して授業のみを指すものではありません。学生は、もちろん授業に対するコミットメントを高く求められるため、一定の負荷が掛かりますが、加えて “キャリア”、“ソーシャル”という学業外の活動も並行して行わなければなりません。個々人の優先順位に沿って、如何にMBA生活を充実したものにするのかが大事になってきます。

授業が無い日:キャリアフェア

IESEでは、学期毎に数日、キャリアフェアと称し、世界各国の企業がバルセロナキャンパス(or online)にて、学生と交流を図るイベントが定期的に催されます。この日ばかりは、授業も全て休講となるため、学生はスーツに切り替え、企業とのコネクション作りに注力したりもします。

自分の中で優先順位を付けるのは大変難しいことではありますが、学校側のサポートやチームメイトとの協力によって、みんな個人個人の目指す方向に学校生活を進めてっています。

評価システム

学生が必死に勉強する背景の一つにIESEの評価システムがあります。毎学期、クラスパーティシペーション、ペーパテスト、グループワークの結果等に基づき、学生はA、B+、B、B-、Cの5段階で科目毎に評価されます(科目毎に重視されるポイントは異なる)。評価は相対評価で行われ、Cはクラスの10%につきます。このCを1学期の6コマ中2つ取ると呼び出しがあり、1月期で計5つとると追試や面接があります。そこでのパフォーマンスも芳しくない場合は放校となるため、学生には厳しいプログラムとして有名です。又Term1, Term2の成績順で交換留学先の希望が決まるため、良い評価を取るインセンティブとなっています。

関連ブログ

TOP